行政書士合格ストーリー

貴方の夢は行政書士

この度は「行政書士合格ストーリー」へのご訪問誠にありがとうございます。
当サイトでは行政書士などに関する様々なお役立ち情報をお届けしています。

 

行政書士の資格をあなたも取得を考えてみてはいかがですか?
仕事の面だけではなく、普段の日常生活でもきっと役立つことがあるでしょう。
まさに資格の中では見逃せないモノと言えます。

 

さらに最近では介護に興味を持っている人が多く、介護福祉士の資格にも注目がされています。
介護の世界は厳しいですが、人のために働けるこの仕事はきっとやりがいのあるものとなるでしょう。
社会保険労務士と一緒に資格取得を考えてみてはいかがですか?

 

過去に「カバチタレ!」「極上カバチ」などといった行政書士のドラマが大ヒットしました。
やはり自分の生活に直接関係のありそうなことを題材にしたことがヒットの要因となったのでしょう。

 

これをキッカケに行政書士の資格を取得しようと頑張っている人が大勢いるのです。
もちろん中には実際に行政書士を取得して現場で仕事をしている人もいらっしゃることでしょう。

神戸 賃貸の情報
神戸 賃貸の情報
http://www.houseplanning.net/




行政書士合格ストーリーブログ:2016年12月05日
1年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
俺が
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
嫁は「俺の乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は嫁の方が車に乗る機会が多いので、
嫁にとっては不便なのにもかかわらず、
俺が喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
俺は何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
俺が出掛ける時には、
嫁はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「嫁は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
俺に持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
俺は涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、俺はハッとしました。

連日作ってくれるライス…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに嫁の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「俺はこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
俺の愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

俺は嫁のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
俺が一方的にその愛情を与えるだけで、
嫁の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

嫁のことが好きだからといって、
その愛を嫁に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。


行政書士合格ストーリー モバイルはこちら