資格として持っておくと便利な社会保険労務士

資格として持っておくと便利な社会保険労務士


資格として持っておくと便利な社会保険労務士
社会保険労務士という資格や仕事に興味をもっている人は大勢いらっしゃることでしょう。
まず最初は社会保険労務士について簡単な知識を身に付けておきましょう。

不動産業界におきましては、最近は賃貸管理のシステムが話題沸騰となっています。
また余談ですが、人生において を素晴らしいモノにしようというニーズが高まっているのです。

手続き代行業務や書類作成業務、またはコンサルタント業務など幅広い分野で大活躍をしている社会保険労務士は今の時代には欠かすことが出来ません。
労働問題や年金問題などといった様々な分野のエキスパート的存在として確立しています。

社会保険労務士の魅力としましては、経営における三大要素とされている「人│モノ│金」の中で「人」に貢献をすることが可能だということです。
経営者とそこで働く従業員の信頼を得る存在になることで、きっと感謝されることでしょう。



資格として持っておくと便利な社会保険労務士ブログ:2017年06月17日

わたしは、5年ほど前に階段から落ちて頭を強く打った。
医者から外傷性くも膜下出血と診断され、長期間の入院と通院が続いた。

もう一度、大好きなマラソンができるのか、
気持ちがブルーになりすべてがマイナス思考になってしまった。

両親は、わたしの顔を見て
「顔つきが変わった」と言う。

確かに入院中は、
いつも怒った表情で眉間にシワを寄せ、
クチから出る言葉は愚痴と泣き言、そして昔の苦労話ばかりだった。

病気は、肉体の健康だけでなく
心の健康、外見までも変えてしまう。

それでも
両親は笑顔で「無理しないでね、ゆっくり治してね」と
いつもリハビリに付き合ってくれた。
そしてまたマラソンができるまでに回復した。

それは、毎日両親が笑顔で作ってくれた弁当にある。
肉や魚以外に、
旬の野菜やミニトマト、ピーマン、ナス、きゅうりなどを取り入れ、
弁当はまるで野菜畑のように彩られ、大変食欲をそそるものであった。

それまで食欲のなかったわたしは、どんどん食欲がわいてきた。
そのおかげで、
ホノルルマラソンやニューヨークシティマラソンに出場し完走もできた。

両親の魅力は、明るい「笑顔」だ。
若い頃の写真を見ても、いつも笑顔の両親がいる。
入院中もその笑顔で、元気をもらった。

3年前にお父さんが亡くなった時も、
両親は母に
「おとうさんは、天国に行って好きな釣りをしているよ」と
優しく笑顔で言ってくれた。
母は、嬉しそうに「そうだね」と答えた。

両親の笑顔は、わたしを元気にするだけでなく、
家族みんなを明るくしてくれる不思議な力を持っている。

資格として持っておくと便利な社会保険労務士

資格として持っておくと便利な社会保険労務士

★メニュー

行政書士の夢を諦めないで
年金問題にはファイナンシャルプランナー
もっと社会福祉士について勉強
介護福祉士として働いてみませんか?
資格として持っておくと便利な社会保険労務士
薬局で調剤薬局事務として働く
歯科助手の不足状態を助けよう
業界では見逃せない賃貸管理
誰もが感動をする結婚式二次会
キャッシングに関する重要事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格ストーリー