資格として持っておくと便利な社会保険労務士

社会保険労務士という資格や仕事に興味をもっている人は大勢いらっしゃることでしょう。
まず最初は社会保険労務士について簡単な知識を身に付けておきましょう。

 

不動産業界におきましては、最近は賃貸管理のシステムが話題沸騰となっています。
また余談ですが、人生において結婚式二次会を素晴らしいモノにしようというニーズが高まっているのです。

 

手続き代行業務や書類作成業務、またはコンサルタント業務など幅広い分野で大活躍をしている社会保険労務士は今の時代には欠かすことが出来ません。
労働問題や年金問題などといった様々な分野のエキスパート的存在として確立しています。

 

社会保険労務士の魅力としましては、経営における三大要素とされている「人│モノ│金」の中で「人」に貢献をすることが可能だということです。
経営者とそこで働く従業員の信頼を得る存在になることで、きっと感謝されることでしょう。

神戸 賃貸はこちら
神戸 賃貸の案内
http://www.houseplanning.net/



資格として持っておくと便利な社会保険労務士ブログ:2017年07月27日

2週間前、おいらは仕事帰りに足が止まりました。
どこからか猫の鳴き声が聞こえてくるのです。

声に引かれて振り向くと、
今歩いてきた道を一匹の猫が横切りました。

少し間隔を置いて、四匹の子猫が整然と並んで、
一生懸命に追いかけて行きました。
まるでカルガモの親子のように…

彼らは、雑草の茂った空き地に入りました。
遠くから見てみると、お母さんの周りで子供たちがじゃれています。

なんともかわいい!

年甲斐もなく、
「ミャァ〜」と声を出して呼んでしまいました。
でも、産後のせいか、お母さんはやせ細っています。
乳も出ないかもしれない。

「そうだ!何か食べ物を持ってきてやろう」
おいらは走って家まで帰りました。

台所であちこちを探っていると、
奥さんに「何をしてるの」と聞かれました。

事情を話したら
奥さんに怒られてしまいました。

「餌なんかやったら、そこに居ついてしまうでしょ。  
近所の家では、猫が嫌いな人もいるだろうし、   
そういう無責任なかわいがり方をしちゃだめよ!」

そういえば、
おいらの家の庭でも
猫がふんをして臭くて弱っています…

「でも、あのままじゃ死んじゃうよ〜!!」
いい歳をして、子供のようなことを言っている自分に驚きました。

でも、奥さんの言うことが正しい。
責任を持って飼うことができない以上、
中途半端な温情は禁物なのです。

そして翌朝方。
奥さんが「一度だけなら」と、
煮干を差し出してくれました。

「わかった、一度だけ」
と答えて、悪天候の中を空き地へ走ります。

そこに彼らの姿はありませんでした。
何度も辺りを見渡したのですが…

悪天候が強くなってきました。
どこかで雨宿りしていることを祈り、
後ろ髪を引かれつつ家に戻りました。