歯科助手の不足状態を助けよう


歯科助手の不足状態を助けようブログ:2015年01月25日


現代のたちお子さんは
顎が小さくなる傾向にあるらしい。

というのも、
乳児の頃はミルク育児で育ち、
断乳すれば、柔らかい物を食べさせ続けられるからだ。

顎が小さくなれば小顔になれるが、
その代償が脳の委縮であり、
脳が縮まってしまうと、
知能を高くすることができなくなってしまう…

気をつけるべきなのは、
離乳食後の食事であって、
離乳食の時は柔らかい物を食べさせていても、
正規の食事になれば堅い物を食べさせて、
顎をしっかりと鍛えていくべきなのである。

この辺りのことは
ママのお子さんに対する食事作法に関することであり、
食事作法の中でも
咀嚼回数を多くするということは
最も大事なことだと思う。

咀嚼回数の多いお子さんは
咀嚼回数の少ないお子さんよりも礼儀正しいものだし、
知能も遥かに高い!

食事を口に流し込むように食べていたら、
他のことをどんなにしつけても上手くいかない…

お子さんはママの真似をして食べる姿を整えてくるので、
いくら育児に忙しいからといっても、
ママ自身が早食いをすべきではないのだ。

ママがお子さんに対して
咀嚼回数を多くする食べ方を見せるからこそ、
お子さんはママの姿を真似て、
咀嚼回数を多くすることができる。

食事の時間が縮まらないように、
家事などはテキパキと行い、
時間に余裕ができるようにしよう!

食事の場は
決して食事だけを食べるのではなく、
情報交換の場としても大事なので、
食事をしながら、きちんと会話することが大切。

お子さんが喋らなくても、父母が会話していれば、
お子さんはその話を聞いて、情報を頭の中に入れて行き、
脳を刺激させるものである。

食事の際に無言で食べていたら、
その機会を失ってしまい、
頭の悪いお子さんとして育つ恐れがある。